スポコミいさはや

総合型地域スポーツクラブ スポコミいさはや
競技志向別にクラスを選べます

長崎県諫早市で開催 小学生の自然体験キャンプ

U-8サッカー大会 アスリートクラスの子供たちが中心に出場し、準優勝でした スポコミいさはや

工作の材料探し中にトカゲと遊ぶ子供たち

工作の材料探し中にトカゲと遊ぶ子供たち沢歩き後の一枚保育園児も一緒に工作がんばりました 食事後に遊ぶ子供たち♪ 朝掃除の子供たち大自然の中でテントを張って寝るグループ

2019年度 8/6(火)、7(水)開催 (締切 7/31)
開催
夏・冬休み
対象
小学生・未就学児
会費
4,000円
定員
30名程度
宿泊
一泊二日
活動
国立諫早青少年自然の家

スポコミいさはやでは、小学生を対象に「夏休み」「冬休み」年に2回、自然体験キャンプを行っています。クラブ会員以外でも参加でき、「沢歩き」などの自然体験「野外炊事」「工作」など、子供たちが中心となって、「自立」「協調性」を養えるようなプログラムで活動しています。「自然体験キャンプ」は、クラブイベントの中でも大人気のイベントです。 夏休みの自由研究として学校に提出できるよう、キャンプでは木工品制作も行います。

サマーキャンプでは、満点の星空の下にテントを張って寝るもよし、バンガローで休むもよし!それぞれが、仲間たちと思いおもいの時間を過ごせるように、寝る班は自分たちで決めるようにしています。

<<< スポーツ教室のカテゴリー

一回り成長させます!

自然体験キャンプは、多くの野外活動を仲間と協力しながら活動します。  わが子と2,3日離れた経験はありますか? 実家に預けたり、いとこの家に泊まりに行く事はあっても、子供だけをどこかに数日預ける事はないですよね。 キャンプは、子供同士が集まり一緒に過ごしますが、親元を離れる事は、親子にとって滅多に経験することのできない貴重な体験です。

子供によっては、とても緊張する経験であり、様々な「気づき」のキッカケにもなります。 キャンプに子供を参加させることで友達との関わり増え、人見知りが減った、自分でできる事は家でもやるようになった、自己主張ができるようになったという事もあります。

 薪で炊くゴハンの美味しさは言うまでもなく、自分たちで作った料理は特別な味であり、特別な経験となります。  また普段は家では食べていない苦手な食材も、キャンプ中は我慢して食べる子供も多いようです。

刺激がたくさんある自然の中で、仲間と一緒に行う体験を通して、一人ひとりが主体性を持ち、たくさんの喜びを実感できるようになるのです。 こうした経験を積んで帰ってくるので、帰ってきたら家でも食べられる食材が増えていたり、積極的に年下の子供の面倒をみるようになったりと、キャンプの帰宅後は一回り成長して帰ってくる子供たちも多いようです。

体験させる事で子供の能力を引き出す!

 子供にいろいろな体験をさせることは、想像以上に子供の能力を引き出すことができます。 最近の大人は、「危ないからやめなさい」「大人がいないとダメ」などと言って子供の行動を制限しがちです。

危険だからこそ大人がサポートしながら、子供たちは肌で感じ、経験、理解する方が私は良いと考えています。

大自然のキャンプなどに参加させることで知的好奇心を満たしたり、日常の生活を子供に任せてみることで責任感を感じたりすることもできます。 多くの経験で、どうすれば要領良く物事を運ぶことができるのかを学ぶこともでき、子供の成長には欠かせない経験となるでしょう。

自然体験キャンプ2019(夏)

2019年 8/6(火).7(水)開催します。現在、参加者募集中です。クラブ会員以外の方も、参加できます。(締切 7/31)

自然体験キャンプ2018(冬)

スポコミ諫早自然体験キャンプ冬活動2018年度

12/26(水)27(木) 国立諫早青少年自然の家にて、自然体験キャンプ冬を開催しました。

運動公園で遊んだ後に、自然の家で「プラホビー制作」、夕食後には恒例の「お楽しみ会」で皆大盛り上がりでした。

2日目の昼食は野外炊事を行い、「パン」「シチュー」作りを行いどの班も大成功でした♪

自然体験キャンプ2018(夏)

自然体験キャンプ2017冬

8月2日・3日にサマーキャンプを行いました。 夏休み宿題の工作もキャンプでしました! 散歩して材料集めを行って、自由な発想で昆虫をテーマにして作りました。 キャンプ村では恒例の野外炊事・アスレチックでの遊具遊び、沢歩きなどをして今年も皆で楽しいキャンプが出来ました。

自然体験キャンプ2017(冬)

自然体験キャンプ2017冬

12月27日・28日に青少年自然の家で自然体験キャンプを行いました。多良見人工芝にてサッカーを行ったあとに、JR・マイクロバスを利用して青少年自然の家まで行きました。初めて電車に乗る子供も多くちょっと不安な様子でしたが、無事に降車も出来ました。

自然体験キャンプ2017(夏)

スポコミいさはや自然体験キャンプ2017夏休み

8月10日・11日に青少年自然の家で自然体験キャンプを行いました。

主な活動… 野外炊事・レクレーション出し物・沢歩きなどを行いました。

自然体験キャンプ2016(冬)

スポコミいさはや自然体験キャンプ冬休み 諫早青少年自然の家

12月27日・28日に青少年自然の家で自然体験キャンプを行いました。 冬山は非常に寒く、野外炊事では寒さに震えながら皆で食事の支度を行いました。 今回は、飯盒炊飯とあって炊き加減が難しかったようですが、皆で協力し合って時間内に完成。 保護者も一緒に食事をしましたが、我が子の意外な一面に驚いた様子もあったようです。 初めて親と離れて泊まる家庭もありましたが、今回も全員がリタイヤせずに終えることができました。きっと一回り成長したでしょう。

朝起きるとうっすら雪化粧の外。 元気に皆で散歩を済ませ、食事・プラホビー・年賀状制作を楽しみ、午後からは皆で今年の蹴り収めをしました。

自然体験キャンプ2016 夏

自然体験キャンプ夏休み

7月28日・29日に、青少年自然の家で自然体験キャンプを行いました。 1日目の午前中は、諫早市を流れる本明川の清掃活動を行いました。 昼食後には、皆で歩いて県央消防署まで行き指令室の見学など、消防・救急センターの仕組みを学び、救急車・消防車などの見学をさせてもらいました。 キャンプ場では、野外炊事で夕食づくりを皆で頑張りました♪ 初めてのキャンプ村で怖がる子供もいましたが、何とか全員が全日程を終えることができ成長を感じられたキャンプとなりました。

主な活動・ボランティア清掃活動・消防署見学・野外炊事・沢登り、アクセサリー制作など